初めての留学保険案内で留学保険を選択する。

初めて海外旅行をする場合は言葉の問題などがあり楽しみなのですが不安もあります。これが留学であったならその心配は同じでしょうか。外国で病気になった時にどうしようか、ということを心配になると思います。日本では外出の際にタクシー代わりに救急車を呼ぶ大バカ者がいるという話を聞いたことがあります。なんという常識知らずの馬鹿ものと非難してしまうでしょうが、日本では救急車は無料であるということからこのような事になるのでしょう。救急車は無料、日本では当たり前のことが海外では当たり前ではないのです。特に外国における治療費は公的保険がきかないうえとても高額です。


例えば外国で病気や怪我で救急搬送され1ヶ月くらい入院した場合は1000万円を超えるということも珍しくはありません。海外留学する場合は初めての留学保険案内を参考にして適切な保障を備えておかなければなりません。近年海外旅行保険でも留学保険でも保険料が高くなっている現実があります。保険料が高くなっていっている意味はそれだけ保険を利用する方が増えているということです。外国で入院して1000万円の請求が来たなどと言ったら普通の人であるならば保険を使わなければ支払いをできないでしょう。留学保険の加入は日本で加入してそれから留学先に向かうということをお勧めします。なぜ日本で済ませておいた方がいいかと言えば,その保険請求する場合日本の保険会社に対して請求します、つまり日本語で対応できるわけです。


日本語対応は意外に重要です、現地で保険に加入することはできます、しかしその言葉で給付の申請からすべてその言葉でできるでしょうか。医療用語や保険用語など理解して保険金請求できれば現地での加入でもいいと思いますが、それに自信がないならば日本でその手続を完了しておくべきです。どのような保険を選択したらいいかという問題ですが、例えば留学の手続をしてくれる旅行会社を通じて申し込む方法も一つの方法だと思います。たぶんほとんどの旅行会社が代理店として留学保険を扱っていると思います。保険料を割安にするということはできればお勧めしません、保険料を安くするということは何かの補償を削るということです。病気や怪我をしたらどのような費用がかかるのかわからない外国でどの保障部分を削るのかの判断はなかなかできないと思います。その点旅行会社はその土地の事情に詳しいし相談に乗ってくれるはずです。